陸上競技 見どころ

 <クラス分け>

クラス分けでは、種目や障がいの種類・程度をアルファベットや数字で表記します。

例えば「F20」クラスとは「知的障がいクラスの投てき種目」になります。

参考:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会「かんたん!陸上競技ガイド」

 <見どころ>

 唐澤選手は視覚に障がいがあり、どこを走ったり安全なのかわからないため、競技を行ううえで視覚に障がい者がある選手は危険がつきまといます。そんな視覚障がい選手の"目″となり、サポートするのが「ガイドランナー」なのです。「ガイドランナー」は、視覚障がいクラスで最も重いクラス11の選手とその次に思いクラス12の選手につくことが許可されています(クラス12の選手はつかなくてもよい)。

 伴走者とも呼ばれるガイドランナーは、選手とひもを握り合い、声をかけたりして選手を誘導します。ガイドランナーは選手と息を合わせて走ることが重要で、かつ高い競技力ももとめられます。

参考:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会「かんたん!陸上競技ガイド」

 <唐澤選手より大会への意気込み>

 暑い中のレースが想定されますが、暑さには強いと思っていますので、後半勝負でラストスパートの走りに注目していただけたらと思います。2種目でメダルが獲得できるように頑張りますので、応援のほど、よろしくお願いいたします。